2017年 11月 の投稿一覧

脱毛してニオイが強調される理由

脱毛でワキガは改善できる?

ワキガが気になる女性
体毛でジメジメした脇をきれいにしても、かえってニオイが強くなる症状があり得ます。これは脇のニオイを引き起こすアポクリン汗腺と呼ばれる機能が空気に直接触れる機会が増えるためであり、鼻まで直接伝わりやすくなることが理由の一つです。また毛穴が人並み以上である人はニオイが強くなる傾向にあり、小まめに脇をケアする環境を生活の中で取り入れることが必要となります。女性のエチケットとして脇のニオイをきれいにすることが当たり前となり、遺伝から来る要素に打ち勝つ努力が必要です。

脱毛はワキガの解決に対しても大きな影響をもたらす

いろいろなケアをしてもニオイがきつい方は、ワキガを疑うことが大切です。ワキガとクリニックで診断されれば、手術を候補とした処置が必要となるため、生活上での支障度を十分に検討する要素が出てきます。他人にすぐわかってしまうほどであれば、脱毛後に時間を置いてワキガの手術を実行することが大事になります。脇をきれいにすることを目標にして始めた取り組みで、最終的にワキガを知った例がいくつかあり、元から体臭が強いことを示唆しています。

ワキガになってしまう原因は、遺伝の要素と食生活が挙げられ、肉食に偏っている女性は要注意となります。全身をきれいにする目標を掲げ、内面から美しさを引き出す努力を積み重ねていくことがワキガの解決に対しても大きな影響をもたらします。

産後はサロンでの施術は難しい理由

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
むだ毛が気になっている時には、脱毛サロンはよく検討されます。現にサロンやクリニックでしばらく施術を受けると、だんだん自己処理も不要になるのです。ですからサロンの施術に興味を持っている方々も、少なくありません。

しかしタイミングには注意する必要があります。産後というタイミングですと、まず間違いなく断られてしまうからです。つまりお店にカウンセリングに行こうとしても、お断りという事になります。それにもきちんと理由があるのです。

出産後の体は大変デリケートで

少なくとも産後というタイミングは、体は大変デリケートである事は間違いありません。普段以上に、体にダメージが生じやすいのです。

そのタイミングで施術を受けてしまいますと、やはり本人に対するリスクは大きく高まります。サロンで施術を受けた結果、肌トラブルが生じたという事例もたまに報告されています。全く出産していない方がサロンで施術を受けても、肌トラブルが生じてしまう事はあるのです。産後というタイミングなら、トラブルが発生する確率は確実に高まってしまいます。

では産後はサロンに行くこと自体が不可能かと言われれば、そうではありません。多少期間を置く必要があるのです。

現にあるサロンでも、出産してから半年経過しないと、施術を受けられないルールになっています。逆に半年経過すれば施術を受けられるのですから、しばらく待つことになるでしょう。

角の立たない脱毛サロンの勧誘の上手な断り方

脱毛サロンの勧誘

勧誘を断る女性
テレビのコマーシャルや女性ファッション雑誌、電車の車内などで脱毛サロンの無料体験コースの広告をよく目にします。「無料」というキーワードは大変魅力的です。しかし、「無料体験だけで終わり」という脱毛サロンは少ないのではないでしょうか?どの脱毛サロンでも無料体験コースを受けた後には脱毛サロンで受けられるサービスやコースの説明、契約の仕方などスタッフから説明(勧誘)があります。
常識的なしっかりとした脱毛サロンであれば、お客に資料を渡し、丁寧に説明した後、お客側に判断を委ねます。「今、この場で契約してください。」などと迫ることはないでしょう。無料体験コースを受けた後、その脱毛サロンのサービスに満足できなかったり、施術方法が合わないようでしたら、スタッフの話をひととおり聞いて、「後日、こちらから連絡します。」、「資料を見て、また後日改めて連絡します。」などと伝えるのが一番の角の立たない断り方だと思います。

しつこく勧誘するサロンもある

なかにはお客側の考えや意見を無視して、しつこく勧誘するサロンもあると聞きます。「今、この場で契約しないと帰さない。」というような悪質なサロンも存在するようです。大変残念なことです。そのような脱毛サロンとは決して契約してはいけません。そのような態度を取られたらきっぱりと断りましょう。

埋没毛ができてしまう原因と埋没毛を処理する方法について

埋没毛について

埋没毛に悩む女性
皮膚の中に埋もれた状態である埋没毛は、無駄毛を処理する際に誤った自己処理を肌に施すことで埋没毛ができます。

なぜなら、間違った自己処理を同じ箇所に繰り返し行うことで、肌にダメージが蓄積し、肌のトラブルを引き起こすことになるからです。

その上、埋没毛を治療せずに放置すると、放置した部分が炎症を起こして肌のトラブルを招くことになります。

なので、埋没毛ができた場合は、毛抜きによる自己処理を避けて埋没毛を悪化させないようにするのが大切になります。

また、剃刀による自己処理は剃る前と剃った後に肌を保湿することで埋没毛を予防できます。

けれども、電動シェーバーがあれば剃刀と比べて刃が直接肌には触れないので、肌に余計な刺激を与えるのを防ぐことができます。

よって、電動シェーバーは肌の保湿を忘れなければ埋没毛を改善することが可能となります。

肌を保湿するのが重要

埋没毛を処理すると同時に無駄毛を処理する際は、クリニックに行って脱毛を受けるのがお勧めとなります。

クリニックで行われるレーザー脱毛は、施術を行う前に肌を保湿するので埋没毛が悪化するのを防げます。

とはいえ、レーザー脱毛は柔らかい部位となる脇やデリケートゾーンでは強い痛みを伴うので、施術後に肌を保湿するのが重要となります。

それでも、レーザー脱毛は埋没毛を処理する以外にも毛嚢炎や色素沈着も改善できるので、肌の調子を綺麗に保つことが可能です。

アンダーヘア脱毛に関するストレスとサロンのメリット

アンダーヘアを脱毛する前に

アンダーヘアの脱毛
アンダーヘアの脱毛に関して、ストレスを感じている方々は多いです。肌トラブルが大いに懸念されるからです。

アンダーヘア周辺の箇所は、皮膚はあまり強くありません。他のパーツと比べると、肌がとてもデリケートなのです。

少なくともすね毛と比較してみれば、その違いは明らかでしょう。それだけに、アンダーヘアの脱毛は気を使ってしまう事も多いのです。

何せアンダーヘア周辺は、非常に重要なパーツです。一歩間違って肌をカットしてしまえば、それこそ大変な問題になりかねません。

このためアンダーヘアに対する脱毛は、美容サロンなどが推奨されます。明らかにストレスが変わってくるからです。

傷を付けないように

そもそもアンダーヘアのお手入れをする為に、色々と気を使っていますと、どうしてもストレスは高まってしまいます。傷を付けないように、色々と気を使わなければなりません。人によっては、それが苦痛なのです。

ところがサロンで施術を受ければ、そのストレスが解消される事例も目立ちます。というのもサロンの施術後には、自然と体もが抜け落ちてくれるからです。自己処理が不要な状態になれば、アンダーヘアに関わるストレスもなくなりますから、明らかに楽になるのです。

ですからアンダーヘアの脱毛を楽にしたい時には、サロンによる施術を検討してみると良いでしょう。