埋没毛ができてしまう原因と埋没毛を処理する方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

埋没毛について

埋没毛に悩む女性
皮膚の中に埋もれた状態である埋没毛は、無駄毛を処理する際に誤った自己処理を肌に施すことで埋没毛ができます。

なぜなら、間違った自己処理を同じ箇所に繰り返し行うことで、肌にダメージが蓄積し、肌のトラブルを引き起こすことになるからです。

その上、埋没毛を治療せずに放置すると、放置した部分が炎症を起こして肌のトラブルを招くことになります。

なので、埋没毛ができた場合は、毛抜きによる自己処理を避けて埋没毛を悪化させないようにするのが大切になります。

また、剃刀による自己処理は剃る前と剃った後に肌を保湿することで埋没毛を予防できます。

けれども、電動シェーバーがあれば剃刀と比べて刃が直接肌には触れないので、肌に余計な刺激を与えるのを防ぐことができます。

よって、電動シェーバーは肌の保湿を忘れなければ埋没毛を改善することが可能となります。

肌を保湿するのが重要

埋没毛を処理すると同時に無駄毛を処理する際は、クリニックに行って脱毛を受けるのがお勧めとなります。

クリニックで行われるレーザー脱毛は、施術を行う前に肌を保湿するので埋没毛が悪化するのを防げます。

とはいえ、レーザー脱毛は柔らかい部位となる脇やデリケートゾーンでは強い痛みを伴うので、施術後に肌を保湿するのが重要となります。

それでも、レーザー脱毛は埋没毛を処理する以外にも毛嚢炎や色素沈着も改善できるので、肌の調子を綺麗に保つことが可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*